流れ

家の模型

日本の住宅は木造のため耐用年数が経過すると建て替えをすることが一般的でした。
最近は技術の進歩もあり、木造住宅の耐久性が大幅に改善されています。
建設工事の中でも最近はリフォーム工事の進化が顕著となっており、内装の設計に工夫を凝らしたデザイン住宅へのリフォームにも十分対応できるようになっています。
最近のリフォームでは玄関から入った時に印象を変えることによってリフォームの効果を出すために玄関を空間的に開放する形のデザインが増えています。
思い切った引き抜けの空間を設けて太陽の光を入れる明るい玄関へのリフォームは人気となっています。
リフォームにお金をかけるには一点豪華主義によって目立つところに拘っています。

リフォーム市場が拡大する中で、市場参加者の増加が顕著にみられます。
人口の減少による今後の新築市場の停滞が予想される中で、リフォーム工事は今後とも増加することが予想されています。
特に設備については日進月歩で進化していることもあり、リフォームによって新しい設備機器を導入することがコスト的にも経済合理性があると思われます。
リフォーム工事においても施工技術の進歩によってデザインの適用もフレキシブルになっているので従来はあまりリフォームに熱心ではなかった設計者も新築と同様な考え方でリフォームの仕事に取り組むようになってきています。
今後はリフォーム市場にハウスメーカーや内装業者という従来の専門業者に加えてゼネコンや設備業者の参入も増加するものと思われます。